一般的に、全く同じ条件であれば、中古マンションより、新築マンションのほうが、多くの人が思うことでしょう。でも、新築と中古で条件がすべて一緒ということはありません。新築にはない、中古ならではのメリットがあるのです。それを見逃してしまうのは、実はとても損な話なのです。良いマンションは物件を見る力を養うことで、手に入ります。中古マンションを買った人をリサーチすると、「新築マンションを探していたけれど、中古も視野に入れたら希望の物件が見つかった」と言います。中古のメリットとしては、「新築に比べて価格が安かった」「エリア限定で中古のほうが物件に出会いやすかった」という意見がとても多いです。

ある調査結果によると、中古住宅を購入した理由のベスト3が、「希望エリアだったから」「手ごろな価格だったから」「良質な物件だったから」となっています。

1位 ・2位から、立地的な選択肢の豊富さと価格の安さが、中古マンションの大きなメリットだということが分かります。私と同じような失敗をしないためには、3位にあたる「良質な物件」を見分けるノウハウが必要です。

さらに注目したいのは、3位にあたる「良質な物件」を見分けるノウハウが必要です。4位の「新築にこだわらなかったから」です。妙なこだわりを捨てて選択肢を広げることが、希望物件に出会える近道ということです。新築マンションだけでなく、多くの物件に出会える中古マンションのなかから、良質なものを見分けるノウハウを身につけさえすれば、新築よりもお買い得な物件が手に入る可能性が高いのですから。また、中古マンションはリノベーションを前提に購入することも多く、自分の理想のリノベーションをしやすい点も魅力でしょう。