3 08 17

工業地域は、ここ数年で開発が進み現在は住居系に近い環境になっていることが多 い。下町にある工業地域が主な例だ。容積率や建ぺい率などに制限があり、近隣 への陽当たりも考慮されている。商業系よりも利便性は落ちるが、 日照や通風は良好で、ゆ とりもある 。駅周辺に多い。商店がたくさん並び、敷地の 100 %を使って建物 在建てることも可 能。高さ制限 もない ため 、利便性は高いが 日照や通風面は期待できない。築年数から耐震強度をチェックする。
木造が多い戸建ては 万一大地震が起きた際でも、建物内の人聞の安 2000 年以降の建物がベスト! 全は確保されるだけの強度を持っていると 考えて 中古戸建ての場合、覚えておきたい年数が いい。さらに木造住宅は、00年以降がより安全。 耐震基準が施行された 1 981年と、建築基準法が 地盤調査が必須とな り、さらに耐力壁の配置パランスや 、筋交いなどの接合方法が見直されている 。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *