4 09 17

週末には、新聞にたくさんの新築マンションの広告チラシが折り込まれています。そこに載っているのは、
代わり映えのない間取りではないでしょうか?縦長の居住スペースで、奥にリビングがあって、リビングの隣には和室があって、寝室に、子ども部屋が一つか二つ用意された、 3LDKもしくは4LDK。限られたスペースで部屋が仕切られていますので、とても狭 苦しい感じがします。そして、 A社もB社もC社も同じような間取りばかり。家族構成が両親と子どもが一人か二人という設定になっています。夫婦二人や一人暮らしの人には、無駄な部屋が多く、快適な間取りとはいえません。新築マンションの間取りは、基本的には変更できません。最近では「間取りが自由に選べる」とうたっているマンションもありますが、決められた基本パターンから選ぶだけで、全然自由ではありません。おかげで、買ったマンションの間取りに自分たちの生活を合わせるという、なんとも窮屈な結果になってしまいます。そんな住まいであなたは満足でしょうか?ありきたりな間取りに不満はありませんか?「賃貸住まいが狭苦しくて不便だから、広くて快適な新築マンションを買おうと思ったのに、これじゃあんまり変化がないなあ」と思っている人もいるでしょう。そういう人には、中古マンションリフォームという考え方がきっと合うはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *